森林など緑の景色よりも「海を見る」ことがストレス軽減になる

これまでの複数の研究では、自然は人にリラックスを与え、精神面の健康にプラスに働くことが分かっています。

ミシガン州立大学の研究者たちは過去に、「海を見ることでストレスが減少する」ことに関する研究論文を発表しています。

緑の景色よりも、海を見ることでストレスが減少する?

アメリカ・ミシガン州立大学のAmber Pearson氏(健康地理学助教授)が主導した研究では、日々見ている風景に海があることと、ストレスレベルの低下には関連性があることを報告。

同大学の研究チームは、ニュージーランド・ウェリントンの地域住民を対象に、年齢や性別、住民の経済状態などの様々な因子を考慮した上で、見る景色とストレスレベルに関する比較検証を実施しました。

リラックス・リフレッシュをおこないたい場合は、より自然の多い場所を選ぶことが良い

この研究の結果、研究チームは公園や森などの緑群の景色よりも、海の景色を見ることでストレスレベルを低下できることを確認します。この結果に関して、Amber Pearson氏は次のように述べているのです。

「今回の研究では緑群の景色を詳細に区別しなかった。緑群の景色である公園などには人工の場所もあり、海の景色はほとんど自然的な箇所が多いことが、海を見る方がストレス低下に効果が出るという結果になった可能性がある。」

つまり、この研究をさらに詳細におこなう必要があるも、天然林や森の中の景色であれば、海と同レベルかそれ以上のストレス軽減効果を期待できる可能性があるのです。自然を体感し、ストレス軽減やリラックス・リフレッシュをおこないたい場合は、より自然の多い場所を選ぶことが良いのかもしれません。

この研究結果はHealth & Placeに掲載され、都市部に緑の多い場所を設置するほか、海の見える地域での都市設計を工夫することで、人々の日々のメンタルヘルス向上に役立つものになる可能性を指摘しています。

▼ こちらの記事も読まれています。
自然の中で暮らすと寛容になれ無私無欲・穏やかになれる──自然が人に与える健康

自然の中で暮らすと寛容になれ無私無欲・穏やかになれる──自然が人に与える健康

記事を読む

Reference:OCEAN VIEWS LINKED TO BETTER MENTAL HEALTH(Michigan State University)、Image Credit:Sea / Pixabay

Sponsored Links

コンテンツはあくまで論文情報等を紹介するものであり、医療助言、診断・治療行為ではありません。栄養素や健康・運動プログラム等を実施する場合や診断・治療を必要とする方は医療機関での適切な受診を行ってください。詳しくはこちら