靴を履いて走るよりも、裸足で走る方が脳の記憶力が高まりやすい

実際に外を裸足で走ることは怪我につながってしまうが、裸足で走ることで脳機能が高まるとする研究結果がある。

ノースフロリダ大学のRoss Alloway氏らの研究では、ランニングシューズを履かずに外を走ることで、作業記憶などが強化されると報告されているのです。

裸足の場合、靴を履いて走ったよりも16%も作業記憶力が高まる

ノースフロリダ大学・Ross Alloway氏率いる研究チームは、18歳から44歳の72人を対象に、16分間ほど裸足か靴を履いて自分のペースで走ってもらう実験をおこなった。

この実験ではランニングをシミュレートするため、平らな物体を踏みながら走る環境のもとで行われた結果、裸足で走った場合、情報を想起・処理する能力を司る作業記憶が向上することが判明します。

この結果は、裸足の場合のみで確認でき、靴を履いて走った場合では確認できなかったことを伝えられており、裸足で走った場合はそうでない場合と比較し、16%も作業記憶力が高まる傾向にあると報告。

裸足で走る場合は安全面が確保された「室内運動所や芝生の上」が良い

Ross Alloway氏は「裸足で走る場合、足を傷つけてしまうことのないようにしなければいけない」ことを指摘している上で、次のように述べています。

「作業記憶は認知力を高める上で重要なものです。今回のユニークな研究結果は、作業記憶を楽しんで高めたいという人に朗報なものとなるでしょう。」

今回の研究結果は裸足で走る場合、精神的な強さが求められるため、脳は作業記憶をより利用しなければならなく、その結果として記憶力が高まることを示唆されています。

なお、裸足で走る場合は安全面が確保された室内運動所や芝生の上が適しているのかもしれません。しかし、実際はランニングなど外を走る場合、怪我などの観点から、ランニングシューズなどを履くべきだと言えることができます。

▼ こちらの記事も読まれています。
脳の健康や記憶力に良いのは有酸素運動などの「活発・活動的な運動」

脳の健康や記憶力に良いのは有酸素運動などの「活発・活動的な運動」

記事を読む

Reference:An Exploratory Study Investigating the Effects of Barefoot Running on Working Memory(Perceptual and Motor Skills)、Image Credit:Barefoot / PhotoAC

Sponsored Links

コンテンツはあくまで論文情報等を紹介するものであり、医療助言、診断・治療行為ではありません。栄養素や健康・運動プログラム等を実施する場合や診断・治療を必要とする方は医療機関での適切な受診を行ってください。詳しくはこちら